「産学連携セミナー(現場のフロンティアサイエンス)」が開講されました

 10月13日(火)より、平成27年度後期の産学連携セミナー(現場の
フロンティアサイエンス)が開講されました。
 本講義では、社会の最前線で活躍されている本学卒業生を主とする方々を、
講師としてお招きします。
 講義と懇談を通じて、大学における研究にフィードバックを得るとともに、
大学院修了後のキャリアパスの可能性をより広く、具体的にとらえていただく
ことを目的としています。
 詳細は、以下の通りです(ポスター参照)。
 先輩方の生の声を聞きながら、将来のキャリアパスについて考えてみませんか。
単位取得の有無にかかわらず、どなたでも聴講可能です。
多くの方のご参加をお待ちしております。

【日時】 毎週 火曜日4限 (14時40分~16時10分) + 講師との懇談(~17時頃まで)
【場所】 理学研究科 地球科学系研究棟 5階503号室

【科目名】 ・地球科学特別講義Ⅲ (理学研究科地学専攻 修士課程, 2単位)
      ・先端地球惑星科学Ⅴ (理学研究科地学専攻 博士課程, 2単位)
      ・産学連携セミナーⅡ (リーディング大学院 1-2年次, 1単位)
      ・産学連携セミナーⅣ (リーディング大学院 3-5年次, 1単位)

※産学連携セミナーⅡ, Ⅳとして履修登録した場合、半分の講義だけ出席して1単位と
 することができます。また、2単位分の講義に出席した場合は、以降の年度に
 残り1単位を持ち越すことができます。

○講義予定(敬称略)

第1回 10月13日(火)
    講師:長田 正樹(応用地質株式会社)
    演題:『(仮)地震と津波の被害想定 =「学」と実際のあいだを繋ぐもの=』

第2回 10月20日(火)
    講師:井須 紀文(株式会社 LIXIL)
    演題:『自然に学ぶもの作り -CO2削減80%を目指して-』

第3回 10月27日(火)
    講師:千葉 達朗(アジア航測株式会社)
    演題:『(仮)赤色立体地図の発明とその応用 砥石のミクロな形状から月のクレーターまで』

第4回 11月17日(火)
    講師:下司 信夫(産業技術総合研究所)
    演題:『未定』

第5回 11月24日(火)
    講師:山本 和幸(国際石油開発帝石株式会社)
    演題:『巨大油田開発における地質技術者の役割』

第6回 12月 1日(火)
    講師:寺田 貴洋(株式会社 東芝)
    演題: 『未定』

第7回 12月 8日(火)
    講師:伊藤 弘志(海上保安大学校)
    演題: 『(仮)西之島火山の活動 ~海上保安庁の海域火山観測』

第8回 12月15日(火)
    講師:久保 啓子(TDK株式会社)
    演題: 『未定』

第9回  1月12日(火) 
    講師:古田 大(株式会社 島津製作所)
    演題:『未定』

第10回  1月19日(火) 
    講師:対馬 弘章(気象庁気象研究所)
    演題: 『(仮)数値シミュレーションに基づく 沿岸へ到達する津波高の推定』

第11回  1月26日(火)
    講師:明石 勤(太平洋セメント株式会社)
    演題:『(仮)セメント原料用資源の開発と供給の最前線』