合同ワークショップ開催のお知らせ(鹿児島・12/13 (土))

東北大学リーディング大学院・鹿児島大学地域防災教育研究センター合同ワークショップ
「文理融合による実践的災害・防災教育の可能性」

東北大学リーディング大学院の教員・学生と鹿児島大学の教員によるワークショップを開催します。様々な学問分野における災害・防災研究の現状と課題、防災教育への展開、文理融合の可能性について報告・議論する教員中心の意見交換会です。

■日時・場所
2014年12月13日(土)13:00〜17:30
鹿児島大学地域防災教育研究センター(産学官連携推進センター棟2—2階 共同研究室2)

■プログラム
13:00〜13:10  開会の挨拶
         井村隆介(鹿児島大学大学院理工学研究科地球環境科学専攻地質科学准教授)
         久利美和(東北大学災害科学国際研究所講師)

13:10〜13:40  井村隆介(鹿児島大学大学院理工学研究科地球環境科学専攻地質科学准教授)
         火山の噴火史研究と防災教育

13:40〜14:10  松崎瑠美(東北大学大学院文学研究科助教):日本史
         災害史研究の現状と課題、防災教育への活用

14:10〜14:40  兼城糸絵(鹿児島大学法文学部人文学科准教授):文化人類学
         災害と民俗・文化、防災教育への活用

14:40〜14:50  休憩

14:50〜15:20  菱山宏輔(鹿児島大学法文学部経済情報学科准教授):社会学
         町内会などのコミュニティと安全・安心・防災(防犯)と防災教育

15:20〜15:50  磯崎 匡(東北大学大学院文学研究科博士後期課程1年):社会学
         松本行真(東北大学災害科学国際研究所准教授):都市・地域論
         福島県いわき市における復興支援活動の報告

15:50〜16:20  久利美和(東北大学災害科学国際研究所講師):地球科学、科学広報
         防災教育と科学コミュニケーションの現状と課題

16:20〜16:30  休憩

16:30〜17:30  全体討論
         今後の災害研究と大学や地域におけるより良い防災教育のあり方、それらの文理
         融合の可能性

■共催
東北大学リーディング大学院 グローバル安全学トップリーダー育成プログラム
鹿児島大学地域防災教育研究センター