高校生研究ポスター発表募集:平成25年度シンポジウム3月2日(日)午後(2/24 採択結果公開)

【アナウンス】多数の応募ありがとうございました。下記の12件を採択させていただきました。

自生する遺伝子組換え作物の実態

 熊谷竜治・諏訪部椋大・小塚脩平・西條淳平(宮城県仙台第一高等学校)

仙台第三高校周辺の造成宅地地盤について

 八島 唯(宮城県仙台第三高等学校)

漁業の風評被害と漁師生活への影響

 横山貴大・佐野桃香・小野寺舞乃・成島悠樹(宮城県仙台第一高等学校)

東日本大震災における学校教育への被害と復興

 数藤光一・土本菜々恵(宮城県仙台第一高等学校)

プロジェクトⅥ 地震大国に生きる~日本の地震予知の現状から見る防災~

 三浦汐理・鈴木千尋・二上ひなの・小田中謙太(宮城県古川黎明高等学校)

震災の記憶を後世に伝えていくために

 仲丸有紗・門脇美雨(宮城県仙台第一高等学校)

宮城県の地名から学ぶ災害の歴史~これまでの教訓と次世代への継承~

 西條淳平・板垣孝紀・庄司実・古市陸(宮城県仙台第一高等学校)

This is 最高にちょうどいい保存食

 土川夏歩・山本和音(宮城県仙台第一高等学校)

震災時の食糧事情-健康的な避難生活を送るためには-

 倉増ゆりあ・伊藤亜美・猪上航(宮城県仙台第一高等学校)

震災が与えた心の傷と現場での活動

 佐藤野乃・内海永瀬・南遼太・曾田時生・小塚脩平(宮城県仙台第一高等学校)

「災害時に浮き彫りになる日本医療の本当の姿」~民法698条をそえて~

 千葉陽太・佐々木健斗・及川江理香・木村芙実香・佐々木優衣 庄子京子・山口朋花(宮城県古川黎明高等学校)

土地本来の広葉樹を活用した森の防潮堤

 星優吾・髙橋早苗・丹野杏香・森菜津美(宮城県柴田農林高等学校川崎校)

 

201403GsaftySympo

2014年3月1日(土)-2日(日)に東北大学リーディング大学院「グローバル安全学トップリーダー育成プログラム」平成25年度シンポジウムを開催します。

シンポジウムでは大学院生の C-Lab研修発表が行なわれますが、2日目午後のアウトリーチプログラム(ポスターセッション)において、高校生による研究発表も募集いたします。ふるってご応募ください。なお、交通費などは各自負担でお願いいたします。

 ポスター発表
   ● サイズ:A0サイズ縦置きスペース(ポスター印刷は各自お願いいたします)
   ● 時間:2014年3月2日(日)13:15~15:00
   ● 採択数:10件程度
 申し込み締め切り
   ● 2014年2月21日(金)正午(採択結果は2月25日正午頃までにお知らせ予定です)
 応募条件
   ● 高校生による広く「安全(自然災害、人口構造物・製品の開発や安全管理、環境保全、食品の安全、社会共同体形成など)」をテーマにした研究を対象とします。公表・未公表は問いません。
 応募方法
   下記1)から5)の内容を添えて、下記WEBフォームまたはE-mail<gs-koho(アットマーク)bureau.tohoku.ac.jp>にて申し込みください。
   1) 代表者氏名および所属先
   2) 代表者連絡先(できる限り電子メールを使用のこと)
   3) 発表者氏名および所属先(全員分)
   4) 研究タイトル(30字以内)
   5) 概要(400字程度)