**学都「仙台・宮城」サイエンスディに出展しました**

  2013年7月21日(日)、東北大学川内キャンパスにて学都「仙台・宮城」サイエンスデイが開催されました。リーディング大学院では3つの講座プログラム「G-Safetyミニ講座」と2つの体験ブース「G-Safetyの部屋」を出展し、安全・安心をテーマにしたミニ講座をはじめ、クイズや3Dで地球内部を体感する展示で来場者に楽しく参加していただきました。

企画ホームページ:http://www.science-day.com/organization/?ID=o2013-005

   IMG_0945(gate) IMG_0101(受付) DSC05418(3D-2) IMG_1007(地球儀)

*体験ブース
「G-Safetyの部屋」安全・安心を科学して、社会のためにはたらく人をめざして!
    内容:クイズ:「気象(風水害)編」&「火山・地震・津波編」
    担当:受講生有志&専任教員
「G-Safetyの部屋」地球の中をのぞいてみよう!
    内容:Mixed Reality Systemによる現実世界と仮想世界
             (東日本の沈み込むプレートの中)の合成
    地球内部の可視化(タッチパネル画面使用)
    担当:受講生有志&専任教員
    協力:地震・噴火予知研究観測センター

 IMG_1016(クイズ) IMG_0983(3D)

*講座プログラム
「G-Safetyミニ講座」地震ってなんだ?
   講師:海野徳仁教授
「G-Safetyミニ講座」地震計のしくみをしらべてみよう!
 講師:海野徳仁教授
「G-Safetyミニ講座」科学的ってなんだ? 最先端科学ってなんだ?
                      ~いざというときの情報を活用するための豆知識~
 講師:久利美和講師

IMG_0971(海野先生講義1) DSC05410s(海野先生講義2)

【来場者数】
 体験ブース:約400名(※Mixed Reality System体験230名)
 ミニ講座:約100名(3講座2回ずつ実施)