リーディングプログラム学生認定式・オリエンテーションを開催

平成25年4月1日(月)午後4時から、東北大学大学院リーディングプログラム学生認定式・オリエンテーションが行われました。

このプログラムは、優秀な学生を俯瞰力と独創性を備え広く産官学にわたりグローバルに活躍するリーダーに養成しようとする趣旨のもと、今年度より新たに教育を開始するものです。

第1期生となる今年度は「グローバル安全学トップリーダー育成プログラム」の履修学生として34名が認定を受けました。

式には東北大学リーディングプログラム推進機構運営会議委員のほか同プログラム担当教員らが出席し、同プログラム推進機構長の花輪公雄理事及びグローバル安全学教育研究センター長(本プログラムコーディネーター)の湯上浩雄工学研究科教授から、歓迎とグローバルリーダーとしての夢を実現してほしいとの挨拶があった後、1年次および2年次それぞれの学生代表に認定証が授与されました。

最後に、学生代表から、震災の中心にある大学で、どこよりも率先して安全・安心についての分野の垣根を越えた見識を広め、新しい「グローバル安全学」を築いていきたいこと、リーダーとして、自然災害に限らない、あらゆるリスクに対応する力を持った「安全・安心」をけん引していく人間を目指したいことなどの挨拶があり認定式は終了しました。

引き続き行われたオリエンテーションでは、各授業科目の説明や履修登録等に関すること、奨励金や学生相談等の学修支援体制に関するガイダンスが行われました。